11月20日開催 性教育フォーラム こころとからだの暴力を考える

ダウンロード
L-4こころとからだの暴力4C160822共催.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 422.3 KB
ダウンロード
申込用紙.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 162.3 KB

 こころとからだの暴力を考える

拝 啓 厳しい残暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。この度、11月20日日曜日に、大阪大学大学院准教授で臨床心理士の野坂祐子先生と日本福祉 大学教授で女性と子どものライフケア研究所代表の長江美代子先生をお招きし、性教育フォーラムを開催致しますのでご案内申し上げます。

 

●野坂祐子先生

学 校危機メンタルサポートセンターでは大阪教育大学附属池田小学校における事件後のケアや、学校における事件や事故後の介入事業等をおこなっておられまし た。現在は学校や児童相談所、児童自立支援施設で、児童・少年の被害・加害の支援を積極的におこなっていらっしゃいます。子どもが性の加害者にも被害者に もならないために子どものうちから教えておくことについてご教授いただきます。

 

●長江美代子先生

性暴力支援に携わり、性暴力支援看護職養成にも従事され、「性暴力救援センター日赤なごや なごみ」では構想から幅広くご尽力され、設立から1年経った今を振り返ってご報告いただきます。

 

大変御多忙の中、子どもたちの支援に携わる皆様にお話し頂ける貴重な機会となりました。是非多くの皆様に聞いて頂きたい内容となっています。

今回はイーブルなごや(名古屋市男女平等参画推進センター)と共催の企画とさせていただきました。開催会場の都合により、大変お席が少なくなっております。満席が予想されますのでお早目にお申し込みいただきますようよろしくお願い致します。

 

性教育フォーラムは、若者の性の問題(妊娠、中絶、レイプ、デートDV、新生児遺棄、性感染症、性犯罪など)について顔の見えるネットワークを作り、性の問題に関する情報やデータを共有するため平成22年に発足し、医療・保健・教育・行政・当事者・当事者の親などに声を掛けさせていただき、半年に1回講演会を開催しています。是非周囲の方々をお誘い合わせの上お越しください。御多忙中大変恐縮に存じますが、多くの皆様のご参加をお待ちしております。               

敬具

 

主催 愛知・思春期研究会
代表 丹羽咲江(咲江レディスクリニック院長)
代表 中谷豊実(愛知県私学性教育研究会主任)

端谷 毅(はしたにクリニック院長)
川村真奈美(いなべ総合病院産婦人科部長)

共催 イーブルなごや


●日 時 : 11月20日(日) 13:30~16:10
●会 場 :イーブルなごや3Fホール 〒460-0015 名古屋市 中区大井町7番25号

 ●お申し込み方法

席数に限りがございますので、ご参加希望の方は281118日(金)迄に必ず事前申し込みをお済ませください添付のお申し込み用紙にご記入いただき、FAXE-mailにて事務局までお送りください。お申し込みを承りましたら事務局よりご連絡致します。折り返し連絡がつくメールアドレス・FAX番号を必ずご記入ください。折り返しの連絡が無い場合は登録できていない可能性がありますので、お手数ですが再度お申込みください。参加申込みが完了しましたら、チケット等は配送しませんが、会場の都合によりご出席者の確認をさせていただきますので、返信メール、返信FAXをプリントアウトいただきご持参ください。またはメール画面をご提示ください。どうぞよろしくお願い致します。

 

●お問い合わせ・お申込み 愛知・思春期研究会事務局 (咲江レディスクリニック内)
Tel 052-757-0222

Fax 052-757-8503
E-mail aishiken@gmail.com